2012年6月 « トップへ » 2013年9月

2013年1月29日

診療日カレンダー

2013年1月10日

ただいま準備中です......

上顎前歯のセラミック治療例

上顎前歯のセラミック治療例 <治療前>
前歯の色と形が気になって来院されました。
下へ
上顎前歯のセラミック治療例 <治療後>
前歯2本にメタルボンドをいれ、見た目を改善しました。
 

ホームホワイトニング治療症例

ホームホワイトニング治療症例<治療前>
前歯の黄色っぽい色が気になって来院されました。
下へ
ホームホワイトニング治療症例<治療後>
ホームホワイトニングを2週間を行い、改善しました。

審美治療症例1

審美治療症例<治療前>
前歯の黄色っぽい色が気になって来院されました。
下へ
審美治療症例<治療後>
オフィスホワイトニングをしたあと、右上の前歯はオールセラミッククラウンをいれました

審美治療症例2

審美治療症例<治療前>
右上の6番目のかぶせと右下の6番目のかぶせものが虫歯になっています。
下へ
審美治療症例<治療後>
オフィスホワイトニングをしたあと、メタルボンドをいれました。

審美治療症例3

審美治療症例3<治療前>
左下の6番目のかぶせ物が虫歯にまっています。
下へ
審美治療症例3<治療後>
オフィスホワイトニングをしたあと、メタルボンドをいれました。

審美治療症例4

審美治療症例<治療前>
①左上の2番目のかぶせの着色が気になって来院されました。
②かぶせを外すと、健全な歯がほとんどありません。
下へ
審美治療症例<治療後>
③歯周外科処置で、健全な歯を確保し、歯ぐきのラインを整えました。
④メタルボンドをいれました。
 

インプラント治療例1

インプラント治療例 <治療前>
右下の前から5番目の歯がありません。
下へ
インプラント治療例 <治療後>
①インプラントの埋入をして、②セラミックの歯をいれました。

インプラント治療例2

インプラント治療例2<治療前>
①右下の前から4番目と6番目の歯がありません。
②7番目の歯は重度の歯周病です。
下へ
インプラント治療例2<治療後>
③6番の位置にインプラントの埋入をして、ハイブリットセラミックの歯をいれました。
④3番目と5番目の歯で、保険診療のブリッジをいれました。

歯周病の治療

歯周病の治療<治療前>
歯周病で歯肉が炎症をおこし、歯石もたくさんついています。
虫歯で噛み合せも崩れかけています。
下へ
歯周病の治療<治療後>
ブラッシング指導と歯石除去を徹底的に行い、虫歯の治療をして、噛み合せが安定すると、歯肉の炎症がなくなりました。

2013年1月 9日

【マイナス一歳からの虫歯予防】お母さんと赤ちゃんのお口の健康を守るために

マタニティ歯科

妊婦さんのお口の中について
妊娠すると女性ホルモン(エストロゲン)の増加などにより、妊娠性歯周炎になりやすくなります。それに伴い、歯周病菌が出す内毒素(エンドトキシン)が子宮を収縮させるホルモンに似ているため早産や低体重児出産につながることもあります。

また、つわりの影響で歯磨きが気持ち悪くなり、清掃が不十分になったり、一度にたくさん食べられないため食事回数が増え、口の中が汚れている時間も長くなり虫歯にもなりやすくなります。

妊娠中の歯科治療について

マタニティ治療は出来るだけ安定期に行うことをお勧めしますが、その他の時期でも母体の状態や治療内容によっては可能です。出産後は育児に追われたり、あるいはこどもの面倒をみてくれる人がいないといった理由から放置してしまい、症状を悪化させ、受診されるのが遅れがちになったりします。できれば分娩までに済ませておくことをおすすめします。

レントゲン写真
撮る部位(歯)はおなかから離れていること、防護衣(鉛のエプロン)を着ていただくこと、放射線量はとても少ない(日常生活で自然に浴びている量より少ない)ことから、おなかの赤ちゃんへの影響は限りなくゼロに近く、心配ありません。

麻酔注射
歯科治療に使う麻酔は治療する歯の周辺にしか作用しない局所麻酔なので、母体にも心配なく、おなかの赤ちゃんに影響する心配もありません。

☆レントゲン写真や麻酔が必要な場合、時期や症状も考慮し、最小限で使うようにしておりますのでご安心ください。また、来院の際は母子手帳をご持参ください。通院中の緊急時などの為に産科医院の連絡先の確認をいたします。

つわり時の歯磨きの工夫
●つわりが軽く、体調がいい時に磨く
●歯ブラシは小さめを選び、小さく動かす
●においの強い歯磨剤を大量に使わない
●顔を下に向けて磨く
●奥から前にかき出すように磨く
●ながら磨きのすすめ(テレビや音楽を聴きながら、お風呂の入りながら、リラックスして)

おう吐直後の歯磨きについて
おう吐直後は水などで十分にうがいをして、胃液の残留を洗い流してください。おう吐直後はお口の中が酸性に傾くため、歯磨きしてしまうと歯の表面を傷つけてしまい、しみたりする原因になりますので、約30分は歯磨きを控えて下さい。

患者さんの声

●痛みが少なくありがたかったです。(40代 男性)

●親切で丁寧な方々ばかりでしたので安心して治療させて頂けました。ありがとうございます。(20代 女性)

●麻酔が痛くなくて安心しました。(50代 男性)

●会社員ですので、土日対応していただけるのは大変ありがたかったです。(30代 男性)

●丁寧でとてもわかり易かったので、また今度もよろしくお願いいたします。(40代 女性)

●パソコンの図を使って説明して頂いて、とても分かりやすかったです。(30代 男性)

●質問した事にちゃんと答えて頂けましたし、こっちが納得してるか確認してから次、というようにしていただいて安心して治療に通えました。満足しています。ありがとうございます。(30代 男性)

●ありがとうございました。3か月後、よろしくお願いいたします。スタッフの方々、ありがとうございました。(70代 女性)

●今までここまで説明してくれていた病院はなかったので、良い意味でびっくりでした。(30代 女性)

●早く治療が終了して良かった。今後ともよろしくお願いいたします。(60代 女性)

●とても丁寧に指導・治療してくださったと思います。(40代 女性)

●本当に有難うございました。またこれからもよろしくお願いいたします。(70代 女性)

●痛くないように先生の配慮を感じた。感謝します。(30代 男性)

●以前の歯医者より説明が詳しく、安心して治療が受けられました。ありがとうございます。(40代 女性)

●皆さんとても優しかった。(20代 男性)

●とても丁寧で良かったです。(30代 男性)

●痛みにすごく敏感だったので、治療の際はとてもやりづらかったと思います。すいませんでした。その中でとても丁寧にしてくださり、本当にありがとうございました。(20代 女性)

●歯医者さんは苦手で汚れた歯のまま放置していましたが、こちらに来て(もっとちゃんと通院なりクリーニングをマメにしておけば良かった)と反省しました。新しくて気持よく通院できました。待たされることもなく、快適でした。ありがとうございました。(30代 女性)

妊娠中の歯科治療のQ&A

Q.痛み止めや化膿止めがおなかの赤ちゃんに影響しないか心配です。
A.基本的には、妊娠中は薬を服用しない方向で考えます。しかし、状態により必要な場合は、おなかの赤ちゃんへの影響が少ない痛み止めや化膿止めの薬を処方することがあります。

Q.妊娠すると赤ちゃんにカルシウムを取られて歯がぼろぼろになる?
A.これは間違いです。妊娠している方がお口のトラブルを起こしやすい理由としては、妊娠すると色々な原因から歯を悪くしがちだからと思われます。

その原因として挙げられるのは以下の通りです。
①ホルモンのバランスやつわりの影響で唾液が酸性に傾き、お口の中の細菌が増えたり、歯が溶けやすい環境を作るから。
②食事の回数が増えて、お口の中が汚れやすいから。
③つわりがひどいと歯ブラシをお口にいれるのも嫌になり、歯磨きが出来なくなるから。

ご家族の口の健康を守れるファミリーデンティストをめざして

院長あいさつ

こんにちは。あかお歯科医院の院長 赤尾聡一です。

歯科医療に対して、あなたはどんなイメージをお持ちでしょうか。「歯医者は苦手」「虫歯治療は痛い」「歯を削るのが恐い」「何回通っても終わらない」といった悪いイメージを持たれている方も多いかもしれません。

私は歯医者のマイナスイメージをプラスに変えていければと願っています。虫歯が痛いから、歯がグラグラするから、と「行きたくないけど、仕方なく行く場所」ではなく、「虫歯や歯周病にならないために予防をする場所」になっていくことが理想です。

ご家族で住まれている方々の多いこの地域において診療する中で、ご家族みなさんの口の健康を守れるファミリーデンティストでありたいという目標もあります。予防歯科に力を入れながら、治療法を工夫することで、何度も治療を繰り返さなくてもよい、精度の高い治療を行っていくことを心がけて。

「歯や口のことで困ったら、あかお歯科医院に相談しよう」とみなさんに思っていただける歯科医院であれたら、とても幸せです。

ご家族みなさんで、お口の健康について考えていただければ

院長あいさつお母さんやお父さんが歯を大切にしているご家庭の場合、お子さんも虫歯になりにくいという事実があります。ご両親のしつけやライフスタイルを見て、こどもは大きくなっていくものです。

たとえば、歯磨きの習慣でも、ご両親がしっかり歯磨きをするご家庭でしたら、小さなお子さんの歯もしっかりケアされるため、虫歯になりやすい小さな歯も守ることができます。そういう意味では、まずお母さん、お父さんに正しいブラッシング法や歯にやさしい食生活の習慣を知っていただくことが大切なのです。

実際、ご来院された方に写真画像を見ていただきますが、「こんなに歯が悪くなっていますよ」と説明しますと、ショックを受けられることも多いものです。虫歯・歯周病はなる前に予防することが一番の治療ですが、もしご家族の誰かが虫歯になってしまったら、ご家族みなさんで歯のホームケアを考え直すきっかけにしていただければと思います。

なによりも、笑顔第一主義を貫きます

院長あいさつレストランや、アパレルショップなどの場合、行列ができるほど混むのは人気店といえるでしょうが、歯科医院の場合は違います。混んでいるからといって、治療がおろそかになってしまったり、患者さんへの対応が冷たいものになってしまうようでは、いくら治療の技術が高くてもダメだと思います。

歯やお口のことで悩まれている患者さんだからこそ、治療を受けて笑顔になっていただきたいし、その笑顔に出会って私たちも笑顔になれるような歯科医院でありたいと思います。

「丁寧に治療してくれてありがとう」
「会社員なので、土日に診療してくれて助かります」
「わかりやすく説明してもらえたので、安心できました」

などと治療を終えられた患者さんに言ってもらえる時はうれしいですね。そういった「あたたかい」コミュニケーションがやりがいなのだなと感じています。

患者さんやご家族にとって、また行きたいと思っていただけるような歯科医院であり続けられますように。スタッフ一同あなたにお会いできることを楽しみにしています。

院長 赤尾 聡一(あかお そういち)経歴

プロフィール昭和54年 大阪生まれ
平成16年 大阪歯科大学 卒業
     いわもと歯科医院 勤務
平成17年 沢田歯科医院 勤務
平成19年 医療法人翔己会 かい歯科医院 勤務
平成22年 同診療所 医長 就任
平成23年 西宮北口にて歯科医院 開業

【研修会・セミナー】
RETベーシックコース 修了
PEC 歯科医師ぺリオコース 山本浩正セミナー 修了
JIPI インプラント外科・補綴、歯周形成外科 プログラム 修了
JIPI アドバンスドコース サイナスリフト・ソケットリフト プログラム 修了
大阪歯科大学インプラント非常勤研修医

プロフィール
【血液型】
A型

【趣味】
マラソン・ライブに行くこと

「マタニティの時期」から始める虫歯予防は、何よりも効果的

生まれてくるお子様の為に、マイナス一歳からの虫歯予防を始めましょう

1)虫歯の治療をする
お子様に虫歯菌が移るのを防ぎます。

2)歯ぐきのケアをする
流産、早産、低体重児出産を防ぎます。

3)歯科医院で検診、クリーニングをする
赤ちゃんの口の中は虫歯菌はいません。お母さんがなめたスプーンで赤ちゃんに食事をあげたりすることで、お母さんの口の中の菌が赤ちゃんの口に移り、虫歯が発症するとも言われています。お子さんの虫歯予防のためにもマメな歯磨きを心がけましょう。つわりで歯ブラシが口に入れられない時はぶくぶくうがいでも効果的です。また妊娠5ヵ月になったら検診やクリーニング、ブラッシングの指導を受けられることをおすすめします。

あなたに合う治療とは?【保険診療と自費診療】

病院の医療と同じように、歯科治療にも

●健康保険の適用となる保険診療
●保険適用外の自費診療

の2種類があります。

保険診療と自費診療

銀歯による虫歯治療などの一般的な歯科治療は、保険診療が適用されるものとなります。セラミック素材を使った審美治療や、歯を白くするホワイトニングは、保険診療以外の治療となり、保険診療に比べると治療費が高くなるといえます。

治療費だけを見た場合、保険診療の方に魅力を感じられる方も多いかと思いますが、見た目の美しさや、治療の維持期間などを考えた場合、自費診療のほうがメリットのある場合には、ぜひご検討いただければと思います。

自費診療と保険診療の主な違い

自費診療使用する材料が違う
たとえば、被せ物を歯に装着する接着剤には様々な種類があります。保険診療で広く使用されている接着剤は、長期間の使用で唾液により溶解されることがあります。そのため、被せ物が脱離したり、接着剤が溶解された隙間から細菌が侵入し、虫歯になってしまうことが少なくありません。一方、自費診療ではより接着力が高く耐久性が優れている接着剤を使用することができます。

また、自費診療の被せ物の材料には見た目が美しく、プラークが付きにくいセラミックを使用することができます。

印象方法(型採り)が違う
歯型を採る行為を印象といい、印象に用いる材料を印象材といいます。保険診療で使われている寒天印象材は、型採りの精度が悪くなり、詰め物や被せ物に隙間や段差が生じてしまいます。そのため、隙間や段差から細菌が侵入し、虫歯になり詰め物が外れることも少なくありません。

しかし、自費診療では、精度の高い型採りができるシリコン印象材を使用するため、限りなく隙間のない適合精度が高い詰め物や被せ物を製作できます。ちなみに、接着剤も最高のもの(皮膜が薄い、生体に近いため親和性が高い)を使用できます。

歯科技工士さんがシッカリと被せ物・詰め物を作れる
歯科技工士さん(歯の被せ物・詰め物・入れ歯等を作る方)は、保険の被せ物を作る場合、ひとつの被せ物に対する報酬が低いため、たくさん作らなければなりません。自費診療の被せ物ではこちらから支払う費用が高くなるため、より手間をかけて丁寧に作ることができます。

自費診療のメリットとは?

健康保険には税金が使用されるので、経済的なコストの観点で制度が設計されています。保険診療は治療費が安い分、治療に使える材料や時間に制限があります。もちろん、保険診療で充分なケースもありますが、制約がある分、治療の質が下がってしまうというデメリットがあります。

また、新しい治療法が保険診療で認可されるまでには時間がかかってしまうため、最新の治療法に比べると何世代か前の治療を受けることになってしまうという現実もあるのです。

自費診療のメリット患者さん一人一人に合う治療をご提案
制限の多い保険診療に比べて、自費診療では、治療内容・材料・治療回数などに制限がないというメリットがあります。そのため、最善の結果がでるように手間をかけて治療ができるのが1番のメリットです。

たとえば、「銀歯が目立って困る」という方には、セラミックなどを用いた自然な色合いの義歯を作ることや、「入れ歯が痛い」という方には、ご自分の歯のように噛めるインプラント治療を受けることも可能になります。

保険診療に比べると高額になる自費診療ですので、当院では強引におすすめすることはありません。保険診療をベースにおすすめする中で、選択肢のひとつとして自費診療もご提案させていただければと思いますので、歯や口に関するご要望がありましたらご相談ください。

天然の歯と同じような噛み心地を取り戻せる【インプラント治療】

インプラント

自然な色合いの歯で、自然な表情に
失われてしまった歯の代替治療として、当院ではインプラント治療を行っています。
インプラント治療は、外科治療によりあごの骨の中にインプラント体(人工歯根)を埋め込み、その上に人工歯を装着する治療法です。

入れ歯のように金具を使ったりすることもなく、ブリッジのように他の歯を傷つけるリスクもないため、「入れ歯に不満がある」「他の歯を削らなくてはならないブリッジは嫌だな」という方にインプラントはおすすめできる治療法といえます。

<インプラント治療はこんな方におすすめです>
・自然な噛み心地を取り戻したい
・周りの歯に負担をかける入れ歯やブリッジはしたくない
・日々の食生活をおいしく楽しみたい

インプラントの症例を見る

【当院のポリシー】CT撮影により、確実なインプラント治療を

CT撮影外科手術をともなうインプラント治療では、手術前の診査がとても重要になります。当院ではCT撮影を行うことにより、患者さんのあごの骨や歯の状態を精密に分析し、インプラント治療の計画を立てさせていただきます。

安心安全なインプラント治療を受けていただくためには、CT撮影は必須条件とも言えますので、治療をご検討されている方はCT撮影をしているかをひとつの基準にしていただくことをおすすめいたします。



ガイドシステムを用いた安全な手術法(タイトル)

当院では、現時点で最も信頼性が高いシステムの一つである、インプラント支援ガイドシステムを使用しています。

CTで撮影した口腔内の画像を元に、治療計画や手術までの一連の流れをコンピューター上でシミュレーションすることで、より安全で正確なインプラント体の埋入手術を行うためのシステムです。

ガイド手術を行えば、歯肉をメスで切らず、ほとんど出血もしない無痛インプラントが可能になります。

【当院のポリシー】安心のインプラント10年保証

10年保証自費診療となるインプラント治療の場合、使用感や耐久性が気になる方も多いかかと思います。

当院では、安心して治療を受けていただけますように「10年保証」の制度を設けております。インプラントが壊れてしまったり、はずれてしまったりした場合には、10年間無償で無料修理させていただきます。

インプラントは定期的なメンテナンスが重要になりますので、年に3~4回のチェックメンテナンスを保証の条件とさせていただきますことをご了承いただければと思います。

【当院の特徴】安心のインプラントメーカーを使用

当院ではアメリカでシェア第3位のバイオメット3i社のインプラントという安全性の高い、安心のインプラント体を使っています。

世界にたくさんの自動車メーカーがあるように、インプラントのメーカーも国内だけで30~40社、世界的には100社以上あります。

イプラントは患者さんのお口の中で一生機能するものです。あかお歯科医院では、患者さんのお口に入るインプラントは信頼と実績のあるメーカーのものであるべきだと考えています。

インプラント治療の種類

インプラントは、従来の治療法とは異なり、治療すべき部分以外に負担をかけず、天然歯と近い状態にすることが可能です。

インプラント治療の種類
インプラント治療の種類
インプラント治療の種類
インプラント治療の種類

インプラント治療の手順

治療期間は患者さんの状態や、治療の本数によって異なる場合があります。詳しくはカウンセリングの際にお話させてください。

インプラント治療の手順
インプラント治療の手順
インプラント治療の手順
インプラント治療の手順

歯を白く、美しくするホワイトニング

ホワイトニングとは、歯を削ったり人工物をつけたりせずに、歯に薬剤(ホワイトナー)を塗布することで、歯の色を白くする治療法です。歯磨きや、歯のクリーニングでは落とせない加齢、遺伝による歯の黄ばみなども、白くすることができます。

ホワイトニング

当院では、ホワイトニングご希望の患者さんお一人お一人とのカウンセリングを大切にし、ご相談の上で、患者さんにあったホワイトニング法をご提案いたします。

<ホワイトニングのメリット>
・歯が白くなることで清潔感アップ
・歯が白くなることで笑顔の明るさアップ
・加齢による歯のくすみ、黄ばみを白くできる

こんなお悩みをホワイトニングで改善
・白い服やウェディングドレスを着たときに、歯が黄色く見えてしまう
・濃い色の口紅をつけたときに、歯の黄ばみが気になる
・白いファンデーションを使うと、歯が黄色く見える

白さの目安は?
ご自身の白目の色と同じくらいの白さが自然です。白目より暗いと黄色く見えてしまい、白目よりも明るいと目より歯のほうが強調されてしまうためです。

ホワイトニングの症例を見る

ホワイトニングの種類

ホワイトニング歯のホワイトニングは、歯の表面に専用のジェルを塗り、歯そのものの色を白くする方法です。歯科医院でその日のうちにホワイトニング効果を得る「オフィスホワイトニング」と、ご自宅でマウストレーにホワイトニングジェルを塗布して、決められた時間、継続的に装着することによってホワイトニング効果を得る「ホームホワイトニング」の2種類があります。

また、「オフィスホワイトニング」と「ホームホワイトニング」を組み合わせた「デュアルホワイトニング」もありますので、患者さんのライフスタイルに合わせて、お選びいただければと思います。

歯科医院で行う【オフィスホワイトニング】

オフィスホワイトニング●短時間でホワイトニングできる
オフィスホワイトニングは、医院で行うホワイトニング法です。即効性が高く、比較的短時間で白い歯を手に入れることができます。できるだけ早く白い歯を手に入れたい方におすすめのホワイトニング法です。

美しい歯で、もっと笑顔に【審美歯科】

審美歯科とは、歯の機能を回復するだけでなく、美しく自然で健康な歯を作り、美しく自然で健康的な笑顔を作ることを目的とした歯科治療のことです。

審美歯科

『せっかく治療するなら、よりキレイに治したい!』
『歯の色や、奥歯の銀歯が気になる。白い歯になりたい!』
『今の歯の色や形のコンプレックスを解消して、思いきり笑いたい!』

そんな方は、当院の審美歯科でバランスの取れた美しい口元、自然で健康的な歯から生まれる明るい笑顔を手にいれませんか?

このページでは、当院の審美歯科についてご紹介いたします。

プロフィールこんな方に審美歯科治療はおすすめです
・自然な見た目の口元になりたい
・美しく輝く歯を手に入れたい
・手軽にホワイトニングをしたい
・歯の色や黄ばみが気になる
・銀歯を白い歯にかえたい

審美歯科の症例を見る

あかお歯科医院では患者さんにとって最良の技工物を提供するために、優れた技工所に製作を依頼しています

安心できる保証期間
患者さんとカウンセリングや診断を通して、治療法などを決定するのは歯科医師の仕事ですが、実際に歯の治療に使う補テツ物を製作するのは技工士さんです。そのため、患者さんにご満足いただける審美治療を行うためには、信頼できる技工士さんとの協力が欠かせません。

当院では、OSデジタルラボラトリー、長谷川歯研の技工士さんと相互に連携し、時間をかけて質の高い補テツ物をご提供できる体制を取っています。また、自費診療の場合、保証期間(インプラントの上部構造は10年、オールセラミックスは5年)を設けておりますので、詳しくはカウンセリングの際にご相談させてください。

【技工士からのメッセージ】
OSデジタルラボラトリーOSデジタルラボラトリー/歯科技工士/納秀樹
OSデジタルラボラトリーでは、開設以来、機能性と審美性にこだわり続け、技術を磨いてまいりました。セラミック、プレスセラミック、ハイブリッドレジンなどの自費の技工物や、メタルクラウン、インレーなどの保険の技工物など、幅広く製作しています。ただ作って納品するのではなく、患者さんの歯型模型とピッタリ合う物を作り、口腔内のことを考えた上でつくること心がけて。

複雑な技工物や難しい症例にも対応できる技術力を活かして、常に高いクオリティを目指し続けております。お気づきのことやちょっとしたご希望などもOSデジタルラボラトリーまでご相談いただければと思います。

私たちが製作した補テツ物で、患者さんがおいしく食事をすることができ、健康を維持するお手伝いができますように、これからも仕事に取り組んでいまいります。

【経歴】
2001 尼崎歯科専門学校 卒業
2001 アステック 勤務
2006 かい歯科 勤務
2011 OSデンタルラボラトリー 設立

長谷川技研長谷川技研/歯科技工士/奥田
歯科技工士とは人工の歯を作る職業です。

あかお歯科医院の自費診療の一部を製作させて頂いています。技工士は歯科医院内に常にいるわけでは無いのですが、歯科医師・歯科衛生士・歯科助手とのチームワークの上、患者さんの「技工物」を製作しています。

ただ人工の歯を作るというだけではなく、患者さん一人ひとり違った歯の色調・形態・噛み合わせ・自然な見た目の美しさを考慮し、患者さんが満足される技工物を製作するのを心がけています。

プロフェッショナルとして技術・経験・最良の材料の選択と、歯科医師・歯科衛生士とのコミュニケーションをできる限りとることで情報を得まして、一人でも多くの患者さんの「良かった」のお言葉と笑顔を作れるよう、努力しています。時に患者さんと直接お話をして、形態・色調合わせなどをしています。その時は是非遠慮なさらずにご希望をおっしゃってください。

【経歴】
2005年 新大阪技工士専門学校卒業
2008年 大阪セラミックトレーニングセンター卒業
2013年 JL cuore Kazuma Style コース卒業

ご自宅で行う【ホームホワイトニング】

ホームホワイトニング●ご自宅で好きな時間に行える
ホームホワイトニングは、患者さんにご自宅で行っていただくホワイトニングです。専用のトレーとホワイトニング剤を使用します。オフィスホワイトニングに比べると即効性は低いですが、じっくりと白くしていくので、後戻りがしにくいなどのメリットがあります。また、お仕事などで忙しく、なかなか医院に通えない方にもおすすめのホワイトニング法です。

当院では、日本で開発されたシステムであるTIONというホワイトニングシステムを使用しています。今までホワイトニングの欠点であった、知覚過敏が起きにくいのが特徴です。

医院と自宅、両方で行う【デュアルホワイトニング】

プロフィール●早く歯を白くでき、白さを保てる
歯科医院でオフィスホワイトニングを行い、さらに自宅でもホームホワイトニングを行うのがデュアルホワイトニングです。できるだけ早く、そしてできるだけ長く、より美しく白い歯にされたい方におすすめの方法です。

歯に色がつく理由とは?
コーヒー、お茶、タバコ等による変色
色素が歯の内部まで取り込まれることにより、歯が黄色く見えてしまいます。

加齢による変色
年齢を重ねるにしたがって、人の歯は自然と黄色く変色していきます。

全身疾患に由来する変色
胎児の時期に、母親が服用した抗生物質や過剰に摂取したフッ素などの影響により歯が変色してしまうことがあります。

これらの要因により歯が変色してしまった場合には「ホワイトニング」で改善することができます。

※変色の程度によってはホワイトニングの効果が期待できない場合がありますので、詳しくはご相談ください。

当院の審美治療【オールセラミッククラウン】

オールセラミッククラウンもっとも透明感があり、自然で美しい歯にしたい方
金属を一切使わず、100%セラミック(陶器)できた素材を使用しているので、自然で透明感があり、金属アレルギーの心配もありません。また、変色や摩擦にも強いです。

オフィスホワイトニングの流れ

オフィスホワイトニングstep1
ホワイトニングについての説明、歯の表面をクリーニング
オフィスホワイトニングについての説明と、現在の歯の色の確認を行います。そして、ホワイトニング効果を得やすくするために歯の表面のクリーニングを行います。

next

オフィスホワイトニングstep2
歯肉保護
ホワイトニングジェルが歯肉に触れないように歯肉を保護します。

next

オフィスホワイトニングstep3
ホワイトニングジェルを塗布
ホワイトニングジェルを塗布します。

next

オフィスホワイトニングstep4
光を照射
歯面に塗ったホワイトニングジェルに光を照射します。

next

オフィスホワイトニングstep5
効果の確認
ホワイトニング効果を確認します。

当院の審美治療【メタルボンドセラミッククラウン】

オールセラミッククラウン自然で美しさと強度の高さを両立
外から見える部分にセラミックを焼き付け金属の素材を使用しています。オールセラミックには劣りますが、それでも自然の歯に近い美しさを再現できます。(非常にアレルギー性の低い金属を使用しています。)また、中が金属ですので、強度は高い点もメリットです。

ホームホワイトニングの流れ

オフィスホワイトニングstep1 歯科医院で
ホワイトニングについての説明、歯の表面をクリーニング
ホームホワイトニングについての説明と、現在の歯の色の確認を行います。そして、ホワイトニング効果を得やすくするために歯の表面のクリーニングを行います。

next

オフィスホワイトニングstep2 歯科医院で
マウストレーの作製
歯の型をとって、ホワイトニングジェルを塗布するときに使用するマウストレーを作製します。完成したマウストレーとホワイトニングジェルをお持ち帰りいただきます。

next
 
オフィスホワイトニングstep3 ご自宅で
ホワイトニングジェルの注入
マウストレーへ、ホワイトニングジェルを注入します。歯1本に対して、米粒2つ分を目安にしてください。

next

オフィスホワイトニングstep4 ご自宅で
マウストレーの装着
ホワイトニングジェルが注入されたトレーを装着します。ホワイトニングジェルが歯全体に行き渡っていることを確認してください。装着時間は、歯科医師の指示に従ってください。

next

オフィスホワイトニングstep5 歯科医院で
経過の確認
ホワイトニング効果の経過確認を行いますので、歯科医師に指示された日に来院してください。

審美歯科治療の流れ

メタルボンドが入るまでの流れメタルボンドが入るまでの流れ①

1.処置前
金属が見えていたり、歯の色もあっていません。

メタルボンドが入るまでの流れ
2.虫歯をとり、根のお掃除をして最終的なお薬が入り、根の治療が終わりました。

メタルボンドが入るまでの流れメタルボンドが入るまでの流れ②

1.土台を立て、仮歯を作ります。

メタルボンドが入るまでの流れ
2.土台の形や仮歯の形を整えます。
*回数は人や本数により違います。

メタルボンドが入るまでの流れメタルボンドが入るまでの流れ③

シリコン材での型取り
精密な型取りをする為シリコン材で型取りをします。固まるのに6分かかるので、頑張ってください!

メタルボンドが入るまでの流れメタルボンドが入るまでの流れ④

ビスケットシテキ
完成に近いかぶせ物を実際につけて、高さや合わせたり歯の形態や色の確認をします。

(メタルトライ)
表面に何もついていない、金属だけのかぶせ物で金属のフィット感を確認します。
※本数が多い方のみ、必要な場合があります。

メタルボンドが入るまでの流れメタルボンドが入るまでの流れ⑤

完成したかぶせ物を最終確認し、セメントでセットします。

メタルボンドが入るまでの流れ

【予防歯科】虫歯・歯周病からを歯を守る治療

「虫歯がしみるから」「歯ぐきから血が出る」と、自覚症状が出てから歯医者に行くという患者さんも多いのではないでしょうか。

予防歯科

虫歯や歯周病は初期症状であれば再生させることができますが、進行してしまうと虫歯を削るなどの治療が必要になってしまいます。

治療と言いましても、実際は歯や歯ぐきに負担をかけてしまうものになりますので、一生、大切な歯を守っていくためには、虫歯・歯周病になることを防ぐ予防が重要になってきます。

あかお歯科医院では患者さんのライフスタイルに合わせて、ブラッシングのアドバイスや、スケーリング(歯石取り)、PMTC(歯科スタッフによるクリーニング)をご提案させていただいております。

<当院の予防歯科はこんな人におすすめです>
・虫歯になりたくない
・歯周病を防ぎたい
・一生、健康な歯ですごしたい
・お口をリフレッシュしたい

予防歯科のメリット

予防歯科毎日のブラッシングもとても大切ですが、スケーリングやPMTCなどのより専門的な予防法を受けていただくことが歯の長生きにつながります。たとえ虫歯があったりや歯周病の状態が進行している歯があったとしても問題を早期に発見することができます。

実際、3か月に1度、定期的なメンテナンスを受けていただいている患者さんは、年配になった時にも歯を失う本数が少ないといった論文もあります。

予防歯科により、虫歯・歯周病を防ぐことができれば、治療の痛みや治療の費用をなくすことができますので、ぜひ予防歯科のプログラムをご検討いただければと思います。

【小児歯科治療】ゆっくり、じっくり、お子さんのペースで

はじめて歯科医院に来るお子さんにとっては、「なんだかわからないけれど、歯医者はこわいところ」という場所なのではないでしょうか。

小児治療

「虫歯はいたいけど、虫歯を治すのもいたそうだな」と、こども心に感じていたことを私も覚えています。

ムリに治療をすることは決してありません
当院では、(虫歯の痛みをガマンできないような状態でなければ)お子さんを押さえつけながら治療するようなことは決してしません。「歯医者は怖くない場所だよ」ということを感じてもらいながら、じっくり、ゆっくり、お子さんのペースに合わせて治療させていただきます。まずは歯医者さんを嫌いにならないことが大切なすので、少しずつ、少しずつ治療を進めることを大切にしています。

こどもの頃に虫歯が多いと、大人になって虫歯が多くなる傾向もありますので、当院では虫歯の予防法に合わせて、食事指導や食生活の指導も行なわせていただきます。お子さんの歯の健康を守るために、ぜひ定期健診にもお越しください。

お子さんの大切な歯を守る【わくわく歯っぴいくらぶ】

わくわく歯っぴいくらぶ虫歯のできないお口へ
おとなの歯に比べて、お子さんの歯は虫歯になりやすいものです。そのため、大切な永久歯を虫歯から守るために、お一人おひとりのお子さんに合わせた予防歯科的なアプローチがポイントになってきます。

当院では、「こどもの歯を虫歯から守りたい」というお母さん、お父さんの願いに応えるために"わくわく歯っぴいくらぶ"を作らせていただきました。お子さんとご家族、ドクターや歯科衛生士が力を合わせることで、お子さんの大切な歯を守りながら、育てていくことができればと願っております。

【わくわく歯っぴいくらぶシステム】
●初診......虫歯などをチェックします
●治療......虫歯治療やシーラント(※)を行います
●フッ素塗布......フッ素には3つの効果があります
(1)歯を強くする (2)虫歯の活動を抑える (3)再石灰化
●定期健診......3ヶ月毎に虫歯や歯並びなどのチェックをしていきましょう
※シーラントは虫歯になりやすい奥歯の溝を、接着力のあるプラスチックで埋めてしまう方法です。
フッ素を塗るとプレゼントがもらえる
検診でお子様のお口をチェックします。虫歯や歯並びに問題がなければフッ素を塗ります。虫歯がある場合は、治療が終わってからフッ素を塗ります。フッ素を塗ると、プレゼントがあります♪

カウンセリングから、メンテナンスまで患者さんと向き合って

治療の流れ

当院では、混んでいるからといって、スピード重視の治療は決していたしません。じっくり時間をかけて、患者さんと向き合って、カウンセリングから、治療、治療後のメンテナンスまで真剣に取り組ませていただきます。

また、治療面ではインフォームドコンセントを徹底し、患者さんのお話やお悩みをお聞きして、治療法をわかりやすく伝えることを心がけております。

このページでは、治療の流れをご紹介させていただきますので、ぜひご参考にしてください。

【予防歯科メニュー】PMTC

PMTCPMTC(Professional mechanical tooth cleaning)は、歯科医や歯科スタッフが専用器具を使って、歯の表面の汚れや歯周ポケット内側の歯の根に付着している歯石・バイオフィルムを取り除く治療法です。

◆バイオフィルムとは?
バイオフィルムとは、ブラッシングでは落とすことができない、口の中の虫歯菌や歯周病菌などの細菌が結びついたもの。そのまま放置していると、虫歯・歯周病の原因となってしまうこともあります。このバイオフィルムを効果的に除去できるのがPMTCなのです。

PMTCの後には、フッ素入りジェルを用いて歯の表面をコーティングし、歯を強化させていただきます。お口もサッパリして、気分もスッキリしますので、エステ感覚で受けられる女性も多いですね。

【小児歯科メニュー】フッ素塗布

フッ素塗布生えてきたばかりの乳歯は柔らかく、虫歯になりやすい状態にあります。お子さんに歯が生えてきましたら、フッ素塗布による虫歯の予防処置がおすすめです。

フッ素塗布をすることで、歯を強化することができます。歯科医院で行うフッ素塗布の他、ご家庭で行うフッ素入り歯磨き材の使用やフッ素洗口もあります。フッ素塗布の目安は1歳半ぐらいです。

フッ素を塗布したからといって、完全に虫歯にならないわけではありませんので、毎日のブラシをしっかり行っていただき、数か月に一度、(目安は3か月に一度です)定期健診をお受けください。

【予防歯科メニュー】スケーリング

スケーリング歯や歯周ポケット内に付着した歯石を、除去する治療が「スケーリング」です。歯科スタッフがキュレットとよばれる専用器具や、超音波スケーラーなどをもちいて、歯石を取り除きます。スケーリングは、3~6ヶ月に1回位が目安となりますので、歯を守るためにも定期的にご来院いただければと思います。

【小児歯科メニュー】シーラント

シーラントシーラントは虫歯になりやすい奥歯の溝を、接着力のあるプラスチックで埋めてしまう方法です。このプラスチックは、虫歯を削ったときに詰めるものと同類の「レジン」という材料です。

歯の溝を埋めてしまうことで、歯磨きがしやすくなり、虫歯になる危険性も下がります。シーラントは歯を削らない治療ですので、お子さんでも安心して受けていただけます。

6歳臼歯・こどもの歯の奥歯、に効果的
シーラント治療で埋めるレジンが、長い間のうちにはがれてしまうことも考えられますが、生えて間もない、こどもの奥歯や永久歯(6歳臼歯)の奥歯は特に虫歯になりやすいため、この予防法は有効といえます。

【歯周病治療】実は怖い歯周病。30代後半以降の歯を失う原因のトップでもあります

歯周病とは歯石などに付着している細菌によって、歯の周りの組織(歯ぐきやあごの骨)に炎症が起き、後退してしまう病気です。

歯周病治療

悪化するまで歯周病にかかっていることを実感する人は少ないものですが、日本の成人の約80%以上の方がかかっているといわれる慢性疾患なのです。

口の中には常に菌が存在し、無菌状態にすることはできません。歯周病の原因は、歯垢中の細菌が歯と歯肉の間に入り、歯肉に炎症を引き起こすこと。さらに進行すると、歯を支えている骨を溶かしてしまい、歯が抜けてしまいます。

治療せずに、自然に治ることはなく、進行しすぎると手遅れになってしまうこともありますので、数か月に一度、定期健診をお受けいただければと思います。

また、当院の院長は歯周病の勉強会などにも参加し、ハイレベルな歯周病治療を提供することが可能です。歯周病でお困りの方は、ぜひご来院ください。

【予防歯科メニュー】ブラッシング指導

ブラッシング歯磨きをしているはずなのに虫歯になってしまう方や、お子さんに正しい歯磨きの習慣をつけさせたいという方は、ぜひご家族でブラッシング指導をお受けいただければと思います。

正しいブラッシングのやり方を御存じでない方、歯ブラシの方法を指導してもらったことがない方は以外に多くいらっしゃいます。どんなに正確な虫歯や歯周病の治療を行ったとしても、ブラッシングが良くないと、また悪くなってしまします。正しいブラッシングの習慣と定期的な歯科医院でのメンテナスを組み合わせれば、予防効果がとても高いです。

あかお歯科医院では、女性の歯科衛生士がいっしょに歯を磨きながら、プロ目線で歯磨き法を楽しくレッスンさせていただきます。数回のブラッシング指導でマスターできますので、ぜひお気軽にご来院ください。

小児歯科では定期健診が重要

定期健診虫歯予防は、フッ素塗布やシーラントをすれば、十分というわけではありません。乳歯や生えたばかりの永久歯はとても虫歯になりやすく、進行も早いものです。

毎日しっかりブラッシングをして、シーラントがきちんとついているかなどの定期健診を受け、フッ素入りの歯磨剤を使用したり、食生活にも注意しながら、総合的にすすめることが大切です。

歯周病の症状

歯周病●歯ぐきが腫れて、赤っぽい
●歯がグラグラする
●歯磨きをすると血が出る
●口の中がネバネバする
●口臭がする
●食べ物が歯の間にはさまりやすくなった
●歯並びが変わってきた(特に前歯)
●歯が浮いた感じがある
●根っこが露出してきた
●歯ぐきが腫れて、歯周病と言われたことがある

上記に当てはまる症状のある方は要注意です。

特に2つ以上当てはまる方は、重度の歯周病の可能性があります。
1つでも当てはまる項目があれば、軽度から中等度の歯周病の可能性がありますので歯科医院でチェックしてもらうようにしてください。

「自分が虫歯治療を受ける立場だったら」と考えた治療を

自分が治療を受ける立場だったらという視点で、患者さんのためになる治療をご提供したい。それが、あかお歯科医院の考えです。

虫歯治療

常に、

●「無痛治療」
●「できるだけ歯を削らない治療」
●「できるだけ歯を抜かない治療」

をめざして、丁寧に、正確に、誠実に、治療することを心がけています。

また、『虫歯治療をしたら終わり。』ではありません。いつまでも快適に健康な歯で食事ができるように歯周治療(歯ぐきの治療)、予防、メンテナンス(定期健診)なども合わせてご提案させていただければと思いますので、ぜひ治療の際にはお話させてください。

レーザーによる虫歯診断:カボダイアグノデント

レーザーレーザーの光の反射を解析して虫歯を探す、わずかな歯質の変化も見逃さない虫歯診断器がカボダイアグノデントです。今までの探針のように鋭利な器具で歯に触れないので、歯を痛めず、痛みもなく、歯の状態を調べることができます。

虫歯には削らないと治らないものと、削らなくてもいい、あるいは削らない方が歯にとっていいものとがあります。あかお歯科医院では、レントゲン写真や、レーザーう蝕診断装置による診査結果はもちろん、お子さまのお口の中の環境あるいは生活環境などから削るべき虫歯かどうかを総合的に判断しています。

一度削ってしまった歯は、元通りに再生することできません。
当院では歯に与えるダメージを最小限にするために努めさせていただきます。

自覚しにくい歯周病だからこそ、早期発見、早期治療が大切です

日本の成人の約80%以上の方が歯周病
歯周病歯周病という言葉は知っているけれど、実際に歯周病になって悪化するまでは、その恐ろしさはわかりにくいものです。虫歯などとは違って、歯周病は自覚症状が出にくく「歯ぐきから血が出る」「歯がグラグラする」というような段階では、かなり歯周病が進んでしまっていると言えます。

普段のホームケアで虫歯や歯周病を防ぐことがポイントになりますが、完璧に予防することは難しいものです。早期発見、早期治療が重要になりますので、ぜひ定期的な検診に合わせて、予防歯科を受けていただくことを当院ではおすすめしております。

ブラッシング(プラークコントロール)で歯周病予防

ブラッシング一番大切なのは、日々のホームケア(歯磨き)です。 歯の周りに汚れ、磨き残しがたまってしまうと自分でなかなか落とせませんので、歯に付き始めてしまった汚れ、磨き残しをしっかり落とす事が大切になってきます。

口の中には自分では見えない部分もありますので、掃除していたつもりでも、汚れてきてしまうものです。見えない口の中を手入れするのに、歯磨きだけで完璧にすることは難しいと言えます。そこで、プロのクリーニングが必要となります。

あかお歯科では患者さんのお口の状態に合わせて2,3カ月、もしくは6カ月に1度のメンテナンスプログラムを作成させていただきます。ぜひお気軽にご相談ください。

【当院の虫歯治療のポリシー】より痛みが少なく確実な治療を行うために

虫歯治療虫歯は細菌(虫歯菌)が原因の感染症です。そして歯を失う30%以上の原因が、虫歯という事実があります。

一般的に、自覚症状(冷たいものがしみる、噛むと痛い、穴が開いたなど)が出たときには、かなり進行していることが多く、治療にも時間がかかり歯を削る量も増えてしまうものです。そのため、虫歯治療では、早期発見・早期治療が重要になります。

初期症状であれば、歯を削らずに治療することも可能ですので、定期健診を受けていただくことをおすすめしております。

「虫歯治療は痛いもの」といった先入観から、歯医者が嫌いな方は多いかと思います。また、特に気になるのが、治療前に受ける麻酔注射なのではないでしょうか。

あかお歯科では、

●歯ぐきに麻酔薬を塗ることで注射の痛みをやわらげる表面麻酔
●スムーズな麻酔を可能にする電動式麻酔

を用い、可能な限り、痛みや不安の無い治療に努めております。(炎症が急性期であったり、炎症が強い場合、痛みを取りにくい場合もあります)

無痛治療を行うためには、何よりも患者さんとの信頼関係が大切です。治療前に、不安や疑問がある場合には、どんな些細なことでも遠慮せずになんでもご質問ください。不安を取り除くことが、無痛治療への第一歩です。もし治療中に痛みを感じましたら、気がねなく「痛いです」と教えていただければと思います。

虫歯治療の場合でも歯のクリーニングを行います
歯のクリーニング
痛みが強く、早急に治療をしたい場合は別ですが、当院では虫歯治療の前に、敢えて歯のクリーニングを行います。「なぜ?早く虫歯の治療をすべきじゃないの?」と思われるかもしれませんが、実はこうした「回り道」こそが、より確実な虫歯治療への近道なのです。

というのも、ブラッシングの状態が良くなかったり、歯石の沈着が多くて歯肉の状態が悪いと、虫歯治療の進行に悪影響を及ぼすのです。

例えば、

●歯肉の状態が悪いと、麻酔をした場合、麻酔の針の穴から細菌感染をおこす可能性が高くなります
●歯肉の状態が悪いと、虫歯の治療中に歯肉から出血することが多いです
●歯のかたをとったり、詰め物を歯につけたり、プラスチック樹脂を歯に詰めたりといった治療は、出血があると失敗する可能性が高くなります

ですから、歯のクリーニングは虫歯治療と同時進行またはその前にするのが良いです。少し回り道のようですが、歯肉の状態を良くしてから虫歯治療を行った方が、長持ちをして見た目もキレイにできるのです。

【歯周病治療メニュー】スケーリング(歯石除去)

プロフィール歯ぐきの周りに付着したプラーク(歯垢)は、時間がたつと唾液中のカルシウムが沈着して歯石に変化してしまいます。歯石は歯ブラシでは取ることができません。この歯石を歯科医師や歯科衛生士が器具によって除去するのがスケーリング治療です。軽度な歯周病の方は、この治療法で治癒することができます。

初診の流れ

治療の流れ_受付1.受付 ー保険証の提示・問診表の記入ー
ご来院いただきましたら保険証をご用意ください。受付にて保険証をお預かりし、問診表を記入していただきます。患者さんのお悩みや症状を詳しくご記入ください。
痛みが激しいケースなどでは、受付後、応急処置をさせていただくこともあります。

next

2.カウンセリング
カウンセリングルームにて、問診票を参考にさせていただきながら、患者さんの症状やお悩みなどをお聞かせください。疑問点や不安な点などがございましたら、お気軽にお尋ねください。また、妊娠中の方、授乳中である方、または妊娠の可能性がある方、麻酔が苦手な方も、カウンセリングに際にお伝えいただければと思います。また、内科などで処方されていたり、アレルギーをお持ちの方はお知らせください。

next

3.レントゲン検査
カウセリングを踏まえまして、必要に応じてレントゲン撮影を行わせていただきます。患者さんの状態に合わせて、パノラマ・デンタルと3種類のモードを使い分けて最適な検査を実施いたします。

next

治療の流れ_口腔内検査4.口腔内診査
口の中の写真も撮影し、虫歯チェック、歯周組織の検査なども行わせていただきます。モニターを見ながら、わかりやすくご説明させていただきまして、口内全体の治療計画を立てていきます。
高性能のCCDカメラを使い、リアルタイムでお口の状態を液晶モニターに映し出し患者さんに視ていただきます。なかなか見ることのできないお口の中の状態を見てもらい、よりわかりやすく説明いたします。

next

5.治療カウンセリング
検査や診断の結果を受けまして、今後の治療計画をお話させていただきます。複数の治療の選択肢からお選びいただけますようにご提案いたしますので、予算や治療期間などに合わせてご検討ください。当院では、インフォームドコンセント(説明と同意)を重視していますので、疑問点や不安なことなどありましたら、どんな小さなことでもお気軽にお聞きください。

next

治療の流れ_治療開始6.治療開始
治療計画に沿って治療をスタートします。治療の内容、治療の場所に合わせて最適な治療法・材料をご提案させていただきます。当院では、歯のクリーニングや歯石除去も治療メニューに含まれることが特徴です。

next

7.治療終了後のメンテナンス
治療が終わった後も、メンテナンス(定期検診)は重要です。
大切な歯を守りつづけるためにも、数か月に一度、定期的なクリーニングをお受けください。定期検診をお知らせするハガキをお送りしますので、ぜひご来院いただければと思います。

【歯周病治療メニュー】SRP(根面の滑沢化)

歯科医師や歯科衛生士が専門器具を使って、硬い歯石や細菌の毒素によって感染した歯根面のセメント質や象牙質を除去し、歯根面をなめらかにすることで、治癒しやすい環境を作ります。軽度から中等度の歯周病の方に行われる治療法です。

【歯周病治療メニュー】歯周外科

歯周病による骨の破壊が大きく、歯周ポケットが深いような箇所はスケーリングだけでは治療ができません。そういったケースでは、フラップ手術と呼ばれる、歯肉を外側に開いて歯石や感染した組織を取り除く治療を行います。外科手術によって、重度に歯周病が進行した歯の保存に努めるのが歯周外科です。

進行した歯周病によって破壊された骨は通常再生することはありませんが、骨も再生させる再生療法により、元の健康な状態と同じ構造で組織を回復させることは可能です。進行度合いや、口内の状態によっては適応できないこともありますので、詳しくは来院の際にご相談ください。

3人に1人の患者さんが、ご家族で来院されます

当院は、

●お子さんが遊べるキッズルーム
●メイク直しのできるパウダールーム
●車いすの方でもご来院いただける院内

など、患者さんに快適に過ごしていただける設計が特徴です。

3人に1人の患者さん

そのためか、こどもからお年寄りの方まで、幅広い方にご来院頂いております。そこから「あの歯医者さんいいよ、お母さんも行ってみなよ」「ウチのこどもを連れて行きたわ」と言った具合に、家族ぐるみでのお付き合いも多く、ご来院される方の3割、実に3人に1人は家族ぐるみでご来院いただいております。

ご来院のきっかけは、

●「歯が取れた」
●「虫歯が痛い」
●「引越しをしてきて、かかりつけが無いので診て欲しい」
●「健診をして欲しい」
●「歯のクリーニングをして欲しい」

といった方が多く、通っていただいた奥さんが旦那さんを連れてきていただいたり。はじめにおばあちゃんがご来院されて、お子さんやお孫さんもというパターンも多いですね。

中には、80代のおばあちゃん、50代のお母さん、20代のお孫さん、3世代で通ってくださるご家族もいて、みなさんに頼っていただけるのはとてもうれしいことだと感じております。

キッズスペース完備。車椅子の方も安心して通院できます

歯やお口の悩みは、どんなお子さんでも、ご高齢の方でも世代に関係なくあるものです。

キッズスペース完備

そのため、歯科医院はどんな方にとっても通いやすい場所でなければならないと考えています。そういった視点で、まず心がけていることは、だれでも通える医院づくりを行い、患者さんの緊張を解きほぐすような快適な空間を目指しています。

当院では車いすに乗られた患者さんでも、不自由なくご来院いただけますように、広々とした診療室がございます。

また、小さなお子さんのいるお母さんやお父さんにも、気軽にご来院いただけますように、キッズルームを設けています。キッズルームには、おもちゃや絵本などをご用意しておりますので、ご家族の治療中もお子さんが退屈することなくお待ちいただけます。

お一人おひとり、しっかり30分。丁寧な治療をご提供します

以前、働いていた歯科医院は忙しく、治療のスピードを重視する場所でした。

もちろん、経験なども積ませていただいて感謝しておりますが、治療を急ぐあまり、患者さんと向き合う時間がとれないという点には、少し残念に思っていたのも事実です。

しっかり30分

そういった雰囲気では、患者さんも緊張してしまうし、聞きたいことが聞けずに、信頼感のないまま治療が終わってしまうケースもあるのではないかと思います。

開院してからは、患者さんお一人おひとりしっかり30分以上かけた診察をし、丁寧な治療をご提供することを心がけております。納得できる歯科治療を受けたい方は、ぜひ当院へお越しください。


患者さんの笑顔を見たいので、自分たちも笑顔でありたい
患者さんの笑顔歯医者に怖いイメージをもたれている方も少なからずいらっしゃるかと思います。それは、虫歯などの治療ももちろんですが、医院の雰囲気や、怖い先生に会ったことがあるから、という面もあるのではないでしょうか。

院内の雰囲気は、やはり院長が怖かったら悪くなってしまうもの。私自身も非常に怖がりです。もし自分が患者さんの立場だったらどうなのかを考え行動しています。患者さんに笑顔で帰っていただくためにも、院長やスタッフ全員が笑顔で行動する歯科医院でありたいと思っています。

クリーンな院内クリーンな院内
患者さんにできるだけ安心できる環境で治療を受けていただくために、出来る限りの滅菌をしたいと考えています。

患者さんに触れる治療器具はもちろん、グローブやコップまで、院内全体を徹底して滅菌・洗浄すること。コストや時間がかかるものですが、そういったひとつひとつのことが、治療への信頼感につながるものだと信じています。

しっかしした診断しっかりした診断から、治療をスタート
患者さんのお口の中の未来を見据えた治療、長持ちする治療を目指しています。まずは的確な診査・診断をするためにしっかりと患者さんの資料を集めることを重要視しています。

診査・診断では、まず患者さんご自身のお口の中の状態を知っていただくために、

●口腔内の写真を撮影
●レントゲン写真の撮影
●噛み合せの状態を診査するための模型作成

などを行います。

歯科医院にずっと通っていた方でも、自分の口の中の状況を知らない方は以外に多いです。実際説明をすると非常に驚かれる方も少なくありません。

そのうえで、患者さんの状態に合わせた適切な治療をご提案させていただきます。わかりにくいことなどがありましたら、ぜひお気軽にご質問ください。

平日は19:45まで受付。土日も診療しています

土日も診療

仕事で毎日忙しいサラリーマンの方や、家事や育児で多忙な主婦の方でも、お気軽にご来院いだけますように、私たちあかお歯科医院は平日(木曜日は休診)19:45まで受付しています。また、土日も16時まで開院していることが、特徴のひとつでもあります。

それは、歯やお口のことで悩んでいる患者さんに、時間が合わないからといって、治療を先のばしにしてほしくないからです。虫歯や歯周病などは、早く治療することでより早く治療が終えられ、身体への負担も少なくなります。

ぜひ治療を後回しになさらずに、ご一緒にお口の健康を守っていきましょう。

マスクを外して、患者さんの目を見て話せるように

どんな治療も、患者さんに信頼していただくことが第一歩であると考え、患者さんとのコミュニケーションを重要視しています。どれだけ腕がよくても、愛想が悪かったり、性格の嫌なドクターの治療を受けたいとは思わないものですよね。

画像大

当院では、患者さんとお話するときには、マスクもグローブも外して、笑顔を交えながら、世間話をすることからスタートすることを大切にしています。また、治療の説明などをする時には、患者さんの目をしっかり見て、理解していただけますようにわかりやすくお話させていただきます。

また、治療で忙しいからといって、院内がバタバタしていると、患者さんも気を使って、「言いたいことが言えなくなる」こともあるかもしれません。だからこそ、患者さんのペースに合わせて、コミュニケーションを大切にした治療を行わせていただければと願っております。

痛みの少ない治療

「虫歯治療は痛いもの」といった先入観から、歯医者が嫌いな方は多いかと思います。また、特に気になるのが、治療前に受ける麻酔注射なのではないでしょうか。

痛みの少ない治療

あかお歯科では、

●歯ぐきに麻酔薬を塗ることで注射の痛みをやわらげる表面麻酔
●スムーズな麻酔を可能にする電動式麻酔

を用い、可能な限り、痛みや不安の無い治療に努めております。(炎症が急性期であったり、炎症が強い場合、痛みを取りにくい場合もあります)

無痛治療を行うためには、何よりも患者さんとの信頼関係が大切です。治療前に、不安や疑問がある場合には、どんな些細なことでも遠慮せずになんでもご質問ください。不安を取り除くことが、無痛治療への第一歩です。もし治療中に痛みを感じましたら、気がねなく「痛いです」と教えていただければと思います。


2012年6月 « トップへ » 2013年9月


コールバック予約

PAGE TOP