トップへ » 患者さんへのお約束 » テレスコープ(拡大鏡)を用いた精密治療 » テレスコープの治療とは?

テレスコープの治療とは?

テレスコープ

歯科治療では、精密さが求められます。しかし、見えない部分も多く、肉眼では正確な診断や的確な処置が難しいケースも少なくありません。そんな時の頼もしい助っ人が、テレスコープ(拡大鏡)です。

テレスコープとは、双眼レンズのついた歯科治療専用の拡大鏡です。テレスコープで患部を拡大しながら治療をすると、肉眼では見えない小さな虫歯や根管内(根の管の内部)を正確に処置できます。

テレスコープには、低倍率から高倍率まで色々な種類があり、治療目的に応じて使い分けることができます。当院では、6倍率の拡大鏡サージテルを導入し、審美歯科治療や根管治療などでフルに活用しています。

テレスコープの使用により、診断の精度が高まり、精密で質の高い長持ちする治療が可能になりました。


トップへ » 患者さんへのお約束 » テレスコープ(拡大鏡)を用いた精密治療 » テレスコープの治療とは?


コールバック予約

PAGE TOP