トップへ » 患者さんへのお約束 » テレスコープ(拡大鏡)を用いた精密治療 » 適合性の髙い義歯を提供するために、高倍率のテレスコープを導入!

適合性の髙い義歯を提供するために、高倍率のテレスコープを導入!

テレスコープ当院では、以前からテレスコープを使用していましたが、倍率が低く、調整時には物足りなさがあり、満足感という点でも弱いと感じていました。

完璧に仕上げたつもりでも、実際に装着するとしっくりいかずに何度も調整、ということがたびたびあり、ますます高倍率のテレスコープの必要性を強く感じるようになりました。

高倍率は視野が狭くなり、慣れていないとなかなか使いこなせないため、治療の技術としては難易度が上がりますが、仕上がりは驚くほど安定性に優れます。

また、歯の形成や根管治療の再治療など、肉眼で確認できなければ、どこに問題があるのかを正しく把握できません。高倍率のテレスコープがあれば、裸眼では見えない細部まで確認でき、よりていねいで精密な治療が可能になります。治療の質をさらに高めるために、6倍率のテレスコープを導入しました。


トップへ » 患者さんへのお約束 » テレスコープ(拡大鏡)を用いた精密治療 » 適合性の髙い義歯を提供するために、高倍率のテレスコープを導入!


コールバック予約

PAGE TOP