トップへ » 患者さんへのお約束 » テレスコープ(拡大鏡)を用いた精密治療 » 審美歯科治療や根管治療で活躍する

審美歯科治療や根管治療で活躍する

テレスコープは、虫歯治療や審美歯科治療、根管治療など、精密さが求められる治療において、その威力を発揮しています。

虫歯治療テレスコープ
長持ちする治療をするには、虫歯を確実に削り、薬や被せ物・詰め物を、隙間のないように詰めなければなりません。テレスコープで患部を確認しながら治療をすると、虫歯と健康な部分の境目がはっきり分かり、削る量を必要最小限に抑えることができます。また、一つひとつの処置を確実にできるので治療の精度が高まり、長持ちする治療にもつながります。

審美歯科治療テレスコープ
被せ物や詰め物を装着する時、土台となる歯の形成面がざらついていたり、形が整っていなかったりすると適合性が悪くなります。わずかな隙間から細菌が侵入すると、虫歯や歯周病などのトラブルを引き起こしかねません。
テレスコープを使用しながら歯を形成すると、小さなざらつきもはっきり見えて、滑らかに仕上げることができます。装着時の適合性も高まり、精密な審美歯科治療が可能になります。

根管治療テレスコープ
テレスコープは、根管治療の精度を高める上で、重要な役割を担っています。
根管内は複雑で、しかも裸眼では見えません。そのため、多くの歯科医師は手さぐりの状態で治療をしています。テレスコープを使うと、見えない根管や、わずかな汚れなどもはっきり見えるので、ていねいで確実な処置ができ、治療の精度が高まります。


トップへ » 患者さんへのお約束 » テレスコープ(拡大鏡)を用いた精密治療 » 審美歯科治療や根管治療で活躍する


コールバック予約

PAGE TOP