トップへ » 患者さんへのお約束 » マタニティ歯科 » 「マタニティの時期」から始める虫歯予防は、何よりも効果的

「マタニティの時期」から始める虫歯予防は、何よりも効果的

生まれてくるお子様の為に、マイナス一歳からの虫歯予防を始めましょう

1)虫歯の治療をする
お子様に虫歯菌が移るのを防ぎます。

2)歯ぐきのケアをする
流産、早産、低体重児出産を防ぎます。

3)歯科医院で検診、クリーニングをする
赤ちゃんの口の中は虫歯菌はいません。お母さんがなめたスプーンで赤ちゃんに食事をあげたりすることで、お母さんの口の中の菌が赤ちゃんの口に移り、虫歯が発症するとも言われています。お子さんの虫歯予防のためにもマメな歯磨きを心がけましょう。つわりで歯ブラシが口に入れられない時はぶくぶくうがいでも効果的です。また妊娠5ヵ月になったら検診やクリーニング、ブラッシングの指導を受けられることをおすすめします。


トップへ » 患者さんへのお約束 » マタニティ歯科 » 「マタニティの時期」から始める虫歯予防は、何よりも効果的


コールバック予約

PAGE TOP