トップへ » 患者さんへのお約束 » マタニティ歯科 » 妊娠中の歯科治療のQ&A

妊娠中の歯科治療のQ&A

Q.痛み止めや化膿止めがおなかの赤ちゃんに影響しないか心配です。
A.基本的には、妊娠中は薬を服用しない方向で考えます。しかし、状態により必要な場合は、おなかの赤ちゃんへの影響が少ない痛み止めや化膿止めの薬を処方することがあります。

Q.妊娠すると赤ちゃんにカルシウムを取られて歯がぼろぼろになる?
A.これは間違いです。妊娠している方がお口のトラブルを起こしやすい理由としては、妊娠すると色々な原因から歯を悪くしがちだからと思われます。

その原因として挙げられるのは以下の通りです。
①ホルモンのバランスやつわりの影響で唾液が酸性に傾き、お口の中の細菌が増えたり、歯が溶けやすい環境を作るから。
②食事の回数が増えて、お口の中が汚れやすいから。
③つわりがひどいと歯ブラシをお口にいれるのも嫌になり、歯磨きが出来なくなるから。


トップへ » 患者さんへのお約束 » マタニティ歯科 » 妊娠中の歯科治療のQ&A


コールバック予約

PAGE TOP