トップへ » 患者さんへのお約束 » マタニティ歯科 » 【マイナス一歳からの虫歯予防】お母さんと赤ちゃんのお口の健康を守るために

【マイナス一歳からの虫歯予防】お母さんと赤ちゃんのお口の健康を守るために

マタニティ歯科

妊婦さんのお口の中について
妊娠すると女性ホルモン(エストロゲン)の増加などにより、妊娠性歯周炎になりやすくなります。それに伴い、歯周病菌が出す内毒素(エンドトキシン)が子宮を収縮させるホルモンに似ているため早産や低体重児出産につながることもあります。

また、つわりの影響で歯磨きが気持ち悪くなり、清掃が不十分になったり、一度にたくさん食べられないため食事回数が増え、口の中が汚れている時間も長くなり虫歯にもなりやすくなります。


トップへ » 患者さんへのお約束 » マタニティ歯科 » 【マイナス一歳からの虫歯予防】お母さんと赤ちゃんのお口の健康を守るために


コールバック予約

PAGE TOP