トップへ » 患者さんへのお約束 » インプラント治療 » ガイドシステムについて

ガイドシステムについて

当院のインプラント治療では信頼性が高いシステムの一つである、インプラント支援ガイドシステム(サージカルガイド)を使用しております。

CTで撮影した口腔内の画像を元に治療計画や手術までの一連の流れをコンピューター上でシミュレーションする「解剖学的診断」と「サージカルガイド」によって、より安全で正確なインプラント体の埋入手術を行うためのシステムです。

<サージカルガイドとは?>
ガイドシステム
インプラントの埋入は、アゴの骨に対して行いますが、その際、ドリルの着地点と角度を正確な方向に導き、またドリルがぶれないように保持する医療器具がサージカルガイドです。

サージカルガイドの使用によって、インプラント治療の最大のリスクであるドリリングの不具合が最小限に抑えられるので、より安全に治療をお受けいただけます。


<サージカルガイドの作り方>
ガイドシステム

CT撮影をし、患者さんのお口の中の型取りをして、アゴの石膏模型をお作りします。

撮影したCTデータをインプラント専用の高精度解析ソフトで立体画像化し、歯科医師がソフト上で、一人一人の患者さんそれぞれに最適なインプラント手術計画を決定し、3次元立体プリンターで「サージカルガイド」をお作りしております。

<サージカルガイド利用のメリット>

今までのインプラント治療は、術野を確保するために歯肉を切開してアゴの骨を目視しながら行っていく手術が主流でした。

しかし、切開することは患者さんにとって身体的な負担(侵襲)が大きく、切開による術後の腫れは患者さんにとって大きなストレスでした。

この問題を解決するためには、切開を最小限に留め、低侵襲な手術を実現することが条件ですが、それによって寄与するのが「サージカルガイド」です。CTデータを元に綿密な治療計画を立て、高精度で正確な「サージカルガイド」をお作りすることによって「患者さんに優しいインプラント治療」の可能性が広がりました。

※症例によって手術方法が異なる場合がございますので、医師の十分な治療説明を受けて下さい。
※当院では無切開インプラントは行いません。


トップへ » 患者さんへのお約束 » インプラント治療 » ガイドシステムについて


PAGE TOP