トップへ » 患者さんへのお約束 » 自費診療について » 自費診療と保険診療の主な違い

自費診療と保険診療の主な違い

自費診療使用する材料が違う
たとえば、被せ物を歯に装着する接着剤には様々な種類があります。保険診療で広く使用されている接着剤は、長期間の使用で唾液により溶解されることがあります。そのため、被せ物が脱離したり、接着剤が溶解された隙間から細菌が侵入し、虫歯になってしまうことが少なくありません。一方、自費診療ではより接着力が高く耐久性が優れている接着剤を使用することができます。

また、自費診療の被せ物の材料には見た目が美しく、プラークが付きにくいセラミックを使用することができます。

印象方法(型採り)が違う
歯型を採る行為を印象といい、印象に用いる材料を印象材といいます。保険診療で使われている寒天印象材は、型採りの精度が悪くなり、詰め物や被せ物に隙間や段差が生じてしまいます。そのため、隙間や段差から細菌が侵入し、虫歯になり詰め物が外れることも少なくありません。

しかし、自費診療では、精度の高い型採りができるシリコン印象材を使用するため、限りなく隙間のない適合精度が高い詰め物や被せ物を製作できます。ちなみに、接着剤も最高のもの(皮膜が薄い、生体に近いため親和性が高い)を使用できます。

歯科技工士さんがシッカリと被せ物・詰め物を作れる
歯科技工士さん(歯の被せ物・詰め物・入れ歯等を作る方)は、保険の被せ物を作る場合、ひとつの被せ物に対する報酬が低いため、たくさん作らなければなりません。自費診療の被せ物ではこちらから支払う費用が高くなるため、より手間をかけて丁寧に作ることができます。


トップへ » 患者さんへのお約束 » 自費診療について » 自費診療と保険診療の主な違い


コールバック予約

PAGE TOP