トップへ » 患者さんへのお約束 » 歯周病治療 » 【歯周病治療】実は怖い歯周病。30代後半以降の歯を失う原因のトップでもあります

【歯周病治療】実は怖い歯周病。30代後半以降の歯を失う原因のトップでもあります

歯周病とは歯石などに付着している細菌によって、歯の周りの組織(歯ぐきやあごの骨)に炎症が起き、後退してしまう病気です。

歯周病治療

悪化するまで歯周病にかかっていることを実感する人は少ないものですが、日本の成人の約80%以上の方がかかっているといわれる慢性疾患なのです。

口の中には常に菌が存在し、無菌状態にすることはできません。歯周病の原因は、歯垢中の細菌が歯と歯肉の間に入り、歯肉に炎症を引き起こすこと。さらに進行すると、歯を支えている骨を溶かしてしまい、歯が抜けてしまいます。

治療せずに、自然に治ることはなく、進行しすぎると手遅れになってしまうこともありますので、数か月に一度、定期健診をお受けいただければと思います。

また、当院の院長は歯周病の勉強会などにも参加し、ハイレベルな歯周病治療を提供することが可能です。歯周病でお困りの方は、ぜひご来院ください。


トップへ » 患者さんへのお約束 » 歯周病治療 » 【歯周病治療】実は怖い歯周病。30代後半以降の歯を失う原因のトップでもあります


コールバック予約

PAGE TOP