トップへ » 患者さんへのお約束 » 虫歯治療 » 【当院の虫歯治療のポリシー】より痛みが少なく確実な治療を行うために

【当院の虫歯治療のポリシー】より痛みが少なく確実な治療を行うために

虫歯治療虫歯は細菌(虫歯菌)が原因の感染症です。そして歯を失う30%以上の原因が、虫歯という事実があります。

一般的に、自覚症状(冷たいものがしみる、噛むと痛い、穴が開いたなど)が出たときには、かなり進行していることが多く、治療にも時間がかかり歯を削る量も増えてしまうものです。そのため、虫歯治療では、早期発見・早期治療が重要になります。

初期症状であれば、歯を削らずに治療することも可能ですので、定期健診を受けていただくことをおすすめしております。

「虫歯治療は痛いもの」といった先入観から、歯医者が嫌いな方は多いかと思います。また、特に気になるのが、治療前に受ける麻酔注射なのではないでしょうか。

あかお歯科では、

●歯ぐきに麻酔薬を塗ることで注射の痛みをやわらげる表面麻酔
●スムーズな麻酔を可能にする電動式麻酔

を用い、可能な限り、痛みや不安の無い治療に努めております。(炎症が急性期であったり、炎症が強い場合、痛みを取りにくい場合もあります)

無痛治療を行うためには、何よりも患者さんとの信頼関係が大切です。治療前に、不安や疑問がある場合には、どんな些細なことでも遠慮せずになんでもご質問ください。不安を取り除くことが、無痛治療への第一歩です。もし治療中に痛みを感じましたら、気がねなく「痛いです」と教えていただければと思います。

虫歯治療の場合でも歯のクリーニングを行います
歯のクリーニング
痛みが強く、早急に治療をしたい場合は別ですが、当院では虫歯治療の前に、敢えて歯のクリーニングを行います。「なぜ?早く虫歯の治療をすべきじゃないの?」と思われるかもしれませんが、実はこうした「回り道」こそが、より確実な虫歯治療への近道なのです。

というのも、ブラッシングの状態が良くなかったり、歯石の沈着が多くて歯肉の状態が悪いと、虫歯治療の進行に悪影響を及ぼすのです。

例えば、

●歯肉の状態が悪いと、麻酔をした場合、麻酔の針の穴から細菌感染をおこす可能性が高くなります
●歯肉の状態が悪いと、虫歯の治療中に歯肉から出血することが多いです
●歯のかたをとったり、詰め物を歯につけたり、プラスチック樹脂を歯に詰めたりといった治療は、出血があると失敗する可能性が高くなります

ですから、歯のクリーニングは虫歯治療と同時進行またはその前にするのが良いです。少し回り道のようですが、歯肉の状態を良くしてから虫歯治療を行った方が、長持ちをして見た目もキレイにできるのです。


トップへ » 患者さんへのお約束 » 虫歯治療 » 【当院の虫歯治療のポリシー】より痛みが少なく確実な治療を行うために


コールバック予約

PAGE TOP