トップへ » 患者さんへのお約束 » マタニティ歯科

【マイナス一歳からの虫歯予防】お母さんと赤ちゃんのお口の健康を守るために

マタニティ歯科

妊婦さんのお口の中について
妊娠すると女性ホルモン(エストロゲン)の増加などにより、妊娠性歯周炎になりやすくなります。それに伴い、歯周病菌が出す内毒素(エンドトキシン)が子宮を収縮させるホルモンに似ているため早産や低体重児出産につながることもあります。

また、つわりの影響で歯磨きが気持ち悪くなり、清掃が不十分になったり、一度にたくさん食べられないため食事回数が増え、口の中が汚れている時間も長くなり虫歯にもなりやすくなります。

妊娠中の歯科治療について

マタニティ治療は出来るだけ安定期に行うことをお勧めしますが、その他の時期でも母体の状態や治療内容によっては可能です。出産後は育児に追われたり、あるいはこどもの面倒をみてくれる人がいないといった理由から放置してしまい、症状を悪化させ、受診されるのが遅れがちになったりします。できれば分娩までに済ませておくことをおすすめします。

レントゲン写真
撮る部位(歯)はおなかから離れていること、防護衣(鉛のエプロン)を着ていただくこと、放射線量はとても少ない(日常生活で自然に浴びている量より少ない)ことから、おなかの赤ちゃんへの影響は限りなくゼロに近く、心配ありません。

麻酔注射
歯科治療に使う麻酔は治療する歯の周辺にしか作用しない局所麻酔なので、母体にも心配なく、おなかの赤ちゃんに影響する心配もありません。

☆レントゲン写真や麻酔が必要な場合、時期や症状も考慮し、最小限で使うようにしておりますのでご安心ください。また、来院の際は母子手帳をご持参ください。通院中の緊急時などの為に産科医院の連絡先の確認をいたします。

つわり時の歯磨きの工夫
●つわりが軽く、体調がいい時に磨く
●歯ブラシは小さめを選び、小さく動かす
●においの強い歯磨剤を大量に使わない
●顔を下に向けて磨く
●奥から前にかき出すように磨く
●ながら磨きのすすめ(テレビや音楽を聴きながら、お風呂の入りながら、リラックスして)

おう吐直後の歯磨きについて
おう吐直後は水などで十分にうがいをして、胃液の残留を洗い流してください。おう吐直後はお口の中が酸性に傾くため、歯磨きしてしまうと歯の表面を傷つけてしまい、しみたりする原因になりますので、約30分は歯磨きを控えて下さい。

妊娠中の歯科治療のQ&A

Q.痛み止めや化膿止めがおなかの赤ちゃんに影響しないか心配です。
A.基本的には、妊娠中は薬を服用しない方向で考えます。しかし、状態により必要な場合は、おなかの赤ちゃんへの影響が少ない痛み止めや化膿止めの薬を処方することがあります。

Q.妊娠すると赤ちゃんにカルシウムを取られて歯がぼろぼろになる?
A.これは間違いです。妊娠している方がお口のトラブルを起こしやすい理由としては、妊娠すると色々な原因から歯を悪くしがちだからと思われます。

その原因として挙げられるのは以下の通りです。
①ホルモンのバランスやつわりの影響で唾液が酸性に傾き、お口の中の細菌が増えたり、歯が溶けやすい環境を作るから。
②食事の回数が増えて、お口の中が汚れやすいから。
③つわりがひどいと歯ブラシをお口にいれるのも嫌になり、歯磨きが出来なくなるから。

「マタニティの時期」から始める虫歯予防は、何よりも効果的

生まれてくるお子様の為に、マイナス一歳からの虫歯予防を始めましょう

1)虫歯の治療をする
お子様に虫歯菌が移るのを防ぎます。

2)歯ぐきのケアをする
流産、早産、低体重児出産を防ぎます。

3)歯科医院で検診、クリーニングをする
赤ちゃんの口の中は虫歯菌はいません。お母さんがなめたスプーンで赤ちゃんに食事をあげたりすることで、お母さんの口の中の菌が赤ちゃんの口に移り、虫歯が発症するとも言われています。お子さんの虫歯予防のためにもマメな歯磨きを心がけましょう。つわりで歯ブラシが口に入れられない時はぶくぶくうがいでも効果的です。また妊娠5ヵ月になったら検診やクリーニング、ブラッシングの指導を受けられることをおすすめします。

カテゴリー一覧

子供からビジネスマン・主婦・お年寄りまで。お口のトラブルならぜひご相談ください。

カウンセリングをおこなっております

トップへ » 患者さんへのお約束 » マタニティ歯科


コールバック予約

PAGE TOP