トップへ » 患者さんへのお約束 » 小児歯科治療

【小児歯科治療】ゆっくり、じっくり、お子さんのペースで

はじめて歯科医院に来るお子さんにとっては、「なんだかわからないけれど、歯医者はこわいところ」という場所なのではないでしょうか。

小児治療

「虫歯はいたいけど、虫歯を治すのもいたそうだな」と、こども心に感じていたことを私も覚えています。

ムリに治療をすることは決してありません
当院では、(虫歯の痛みをガマンできないような状態でなければ)お子さんを押さえつけながら治療するようなことは決してしません。「歯医者は怖くない場所だよ」ということを感じてもらいながら、じっくり、ゆっくり、お子さんのペースに合わせて治療させていただきます。まずは歯医者さんを嫌いにならないことが大切なすので、少しずつ、少しずつ治療を進めることを大切にしています。

こどもの頃に虫歯が多いと、大人になって虫歯が多くなる傾向もありますので、当院では虫歯の予防法に合わせて、食事指導や食生活の指導も行なわせていただきます。お子さんの歯の健康を守るために、ぜひ定期健診にもお越しください。

【小児歯科メニュー】フッ素塗布

フッ素塗布生えてきたばかりの乳歯は柔らかく、虫歯になりやすい状態にあります。お子さんに歯が生えてきましたら、フッ素塗布による虫歯の予防処置がおすすめです。

フッ素塗布をすることで、歯を強化することができます。歯科医院で行うフッ素塗布の他、ご家庭で行うフッ素入り歯磨き材の使用やフッ素洗口もあります。フッ素塗布の目安は1歳半ぐらいです。

フッ素を塗布したからといって、完全に虫歯にならないわけではありませんので、毎日のブラシをしっかり行っていただき、数か月に一度、(目安は3か月に一度です)定期健診をお受けください。

【小児歯科メニュー】シーラント

シーラントシーラントは虫歯になりやすい奥歯の溝を、接着力のあるプラスチックで埋めてしまう方法です。このプラスチックは、虫歯を削ったときに詰めるものと同類の「レジン」という材料です。

歯の溝を埋めてしまうことで、歯磨きがしやすくなり、虫歯になる危険性も下がります。シーラントは歯を削らない治療ですので、お子さんでも安心して受けていただけます。

6歳臼歯・こどもの歯の奥歯、に効果的
シーラント治療で埋めるレジンが、長い間のうちにはがれてしまうことも考えられますが、生えて間もない、こどもの奥歯や永久歯(6歳臼歯)の奥歯は特に虫歯になりやすいため、この予防法は有効といえます。

小児歯科では定期健診が重要

定期健診虫歯予防は、フッ素塗布やシーラントをすれば、十分というわけではありません。乳歯や生えたばかりの永久歯はとても虫歯になりやすく、進行も早いものです。

毎日しっかりブラッシングをして、シーラントがきちんとついているかなどの定期健診を受け、フッ素入りの歯磨剤を使用したり、食生活にも注意しながら、総合的にすすめることが大切です。

レーザーによる虫歯診断:カボダイアグノデント

レーザーレーザーの光の反射を解析して虫歯を探す、わずかな歯質の変化も見逃さない虫歯診断器がカボダイアグノデントです。今までの探針のように鋭利な器具で歯に触れないので、歯を痛めず、痛みもなく、歯の状態を調べることができます。

虫歯には削らないと治らないものと、削らなくてもいい、あるいは削らない方が歯にとっていいものとがあります。あかお歯科医院では、レントゲン写真や、レーザーう蝕診断装置による診査結果はもちろん、お子さまのお口の中の環境あるいは生活環境などから削るべき虫歯かどうかを総合的に判断しています。

一度削ってしまった歯は、元通りに再生することできません。
当院では歯に与えるダメージを最小限にするために努めさせていただきます。

カテゴリー一覧

子供からビジネスマン・主婦・お年寄りまで。お口のトラブルならぜひご相談ください。

カウンセリングをおこなっております

トップへ » 患者さんへのお約束 » 小児歯科治療


コールバック予約

PAGE TOP